黒毛和種肥育牛の飼料の中性デタージェント繊維含量および血清ビタミンA値と枝肉成績の関連

黒毛和種肥育牛の飼料の中性デタージェント繊維含量および血清ビタミンA値と枝肉成績の関連

レコードナンバー692034論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名松田 敬一
渡辺 昭夫
一條 俊浩
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 4号, p.227-230(2004-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (618KB) 
抄録黒毛和種牛で、肥育前・中期の給与飼料中の中性デタージェント繊維(NDF)含量が異なる3群で血清総コレステロール(C)値の推移と肥育成績を調査した結果、高NDF群では血清C値が肥育期間を通して他群に比べて有意(P<0.05)な高値を示し、枝肉重量やロース芯面積、牛脂肪交雑基準(BMS. No.)が高い傾向、枝肉単価は有意(P<0.05)な高値を示した。血清ビタミンA(VA)値とBMS. No.との関係、および枝肉格付評価別の血清VA値の推移を調査した結果、導入翌日や出荷直前の血清VA値とBMS. Noとの間に一定の関係はみられなかった。A-5牛の血清VA値は14・15カ月齢時にA-4牛やA-3牛に比べて有意(P<0.05)な低値を示した。高肉質等級牛肉の生産には、肥育中期の血清VA値を低く維持し、肥育前・中期の給与飼料中NDF含量を高くすることが重要と考えられた。
索引語血清;肥育;枝肉;飼料;繊維;種;ビタミンA;コレステロール;面積;脂肪交雑
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat