山口県内の猫と犬におけるBartonella henselaeの血清疫学調査

山口県内の猫と犬におけるBartonella henselaeの血清疫学調査

レコードナンバー692039論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名冨田 正章
矢端 順子
富永 潔
ほか7名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 4号, p.257-261(2004-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (955KB) 
抄録山口県内で飼育されている猫126頭および犬283頭におけるBaronella henselaeに対する血清中の抗体保有状況を間接蛍光抗体法により調査した。猫のIgG抗体陽性率は18.3%(23/126)、IgM抗体陽性率は0.8%(1/126)であった。犬のIgG抗体陽性率は6.7%(19/283)、IgM抗体陽性率は3.5%(10/283)であった。IgG抗体陽性率を年齢別、性別で比較(X2検定)したところ、猫では1歳以上4歳未満の陽性率(28.3%:13/46))が1歳未満のそれ(3.2%:1/31)より高いこと、また、犬では雄の陽性率(9.9%:13/131)が雌(3.9%:6/152)より)高いこと(P<0.05)が明らかとなった。
索引語抗体;山口県;血清;調査;疫学;蛍光抗体法;年齢;検定;雄;雌
引用文献数24
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat