マツカワVerasper moseriにおける三倍体および雌性発生二倍体の誘起

マツカワVerasper moseriにおける三倍体および雌性発生二倍体の誘起

レコードナンバー692125論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名森 立成
齊藤 節雄
岸岡 稚青
荒井 克俊
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ70巻・ 2号, p.145-151(2004-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (585KB) 
抄録マツカワVerasper moseriの育種基盤の確立を目的に、紫外線による精子の不活化および染色体倍数化のための好適染色体操作条件を検討した。マツカワ精子は、紫外線照射強度10mJ/cm(2)以上で不活化された。三倍体誘起の最適低温処理条件は-1.5℃、受精後9分、持続時間90分間であった。第二極体放出阻止型雌性発生二倍体では低温処理で-1.5℃、受精後3-9分、60-90分間、圧力処理で650kg/cm(2)、受精後7分、持続時間6分間であった。同様に、圧力処理による第一卵割阻止型雌性発生二倍体誘起では、受精後150-240分において孵化仔魚が得られた。
索引語処理;雌;性;発生;三倍体;紫外線;精子;染色体;条件;低温
引用文献数21
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat