インタラクティブ鮮魚情報の研究

インタラクティブ鮮魚情報の研究

レコードナンバー692160論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名安藤 朗彦
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ14号, p.131-136(2004-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (1187KB) 
抄録1)沿岸漁業における直接販売の推進を目的に、生産者側から消費者へ直販に関する情報を提供する双方向情報通信の有効性の検証と沿岸漁業における電子市場の創設が生産者の収益性向上に効果があるか検討した。2)福間市内及び福岡市内の居酒屋等を対象に水産物の仕入れに関するアンケート調査を行った。3)モデルとした漁協の直販店のホームページを作成し、アクセス件数を、また関連して漁協の水揚げ高、直販店の売り上げを調査した。4)ホームページの周知度を上げるにはマスコミ等で取り上げられるなど、存在を広く知られることが必要であった。5)漁協から消費者へ発信される情報は、提供できるサービスを情報として発信することが重要と考えられた。6)商品の予約注文をある程度得たことは、ホームページ開設の有効性の現れと考えられた。7)将来水産物の電子取引が始まる可能性は大きいと考えられ、今後電子市場の具体的な事項について検討していくことが求められると考えられた。
索引語情報;直販;電子;沿岸漁業;生産者;消費者;市場;水産物;調査;鮮魚
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat