MAP条件が15℃貯蔵中のブロッコリー(Brassica oleracea var. italica)の品質に及ぼす影響

MAP条件が15℃貯蔵中のブロッコリー(Brassica oleracea var. italica)の品質に及ぼす影響

レコードナンバー692417論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名池田 浩暢
石井 利直
茨木 俊行
太田 英明
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ30巻・ 3号, p.137-140(2004-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (334KB) 
抄録ブロッコリーを酸素濃度と二酸化炭素濃度の合計が約21%となるMAP条件を想定し、通常の流通温度を模倣した15℃で貯蔵した場合の適したMA条件を明らかにするために、いくつかの雰囲気ガス組成がブロッコリーの呼吸速度、内容成分および品質に及ぼす影響を検討した。ブロッコリーの呼吸速度は、酸素濃度が低く二酸化炭素が高くなるほど抑制された。アスコルビン酸含量および全糖含量は、酸素濃度が高いものでは経時的に低下した。しかし、酸素濃度を8.7%-4.1%に設定すると、これらの成分の低下は抑制された。また、この条件では貯蔵8日後まで総クロロフィル含量の低下および花蕾の黄化は認められなかった。したがって、ブロッコリーを15℃で貯蔵する場合、酸素と二酸化炭素の組成比で4.1%:17.5%-8.7%:12.8%に保つことで、効果的に品質を保持することができた。
索引語ブロッコリー;酸素;濃度;条件;貯蔵;品質;二酸化炭素;組成;呼吸;速度
引用文献数15
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat