Vero毒素産生性大腸菌O121:H19が分離された子牛の急死例

Vero毒素産生性大腸菌O121:H19が分離された子牛の急死例

レコードナンバー692528論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017300NACSIS書誌IDAN00243779
著者名川戸 彰弘
小川 賀雄
西本 清仁
書誌名山口獣医学雑誌
別誌名The Yamaguchi journal of veterinary medicine
発行元[出版者不明]
巻号,ページ27号, p.33-36(2000-12)ISSN03889335
全文表示PDFファイル (1069KB) 
抄録管内肉用牛一貫経営農場において,平成11年5月21日、8日齢雄子牛1頭が下痢を呈して急死した.剖検所見で,第4胃の点状出血,盲腸・結腸の菲薄化や血様泥状内容物の貯留を認め,病理組織所見では,HE染色で結腸・回腸に絨毛の軽度萎縮,粘膜上皮細胞の剥離,小桿菌の付着を認め,カタル性腸炎と診断し,細胞検査で,回腸からのみVT2を産生しeaeA遺伝子を保有するVero毒素産生大腸菌O121:H19を1.8×10 5CFU/g,STを産生し線毛抗原陰性の毒素原性大腸菌O116:H18を3.0×10 5CFU/g分離した.EIA法で回腸内容物からのみロタウイルス抗原を検出した.免疫染色でO121の陽性反応を結腸・回腸で,ロタウイルスの陽性反応を結腸・回腸で認め,O116はすべて陰性であった.検査成績からVero毒素産生大腸菌O121:H19とロタウイルスの関与を推察し,同農場に定期消毒,飼養管理の徹底を指示した.以後,3回35検体の菌検索でも本菌は分離されず,発生も認められない.
索引語産生;毒素;性;子牛;農場;染色;検査;抗原;経営;日齢
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat