ケヤキの組織培養技術を利用したさし木による苗木育成

ケヤキの組織培養技術を利用したさし木による苗木育成

レコードナンバー692543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008004NACSIS書誌IDAN00014341
著者名千木容
書誌名石川県林業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Ishikawa-Ken Forest Experiment Station
発行元石川県林業試験場
巻号,ページ36号, p.6-10(2004-03)ISSN03888150
全文表示PDFファイル (276KB) 
抄録組織培養法によって苗木を育成したケヤキについて、ケヤキの組織培養技術を利用したさし木を行い9クローンの個体別の発根状況、さし木環境条件およびさし付け時期による発根状況、さし穂の状態の違いによる発根状況について検討した。その結果、クローン間に発根率の違いが見られ、量産化可能と見られる、発根率70%を越えるものが4クローン認められた。さし木環境条件は、恒温室を利用する場合、二酸化炭素については、供給装置で与えるか、外気を換気することによる供給が必要であった。また、太陽光線下で行う場合は、寒冷紗が必要で、5-7月は、高い発根率を示したが、8、9月になると発根率が低下した。さし穂の状態の違いによる発根状況については、さし穂が持っている養分含量が高い方が、高い発根率を示し、コンテナ苗から採穂するの場合、濃度を高めるには緩行性肥料深層施肥の有効性が示唆された。
索引語発根;ケヤキ;組織培養;クローン;穂;技術;苗木;育成;環境;条件
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat