麺および野菜からの腸管出血性大腸菌O157損傷菌の検出に関する検討

麺および野菜からの腸管出血性大腸菌O157損傷菌の検出に関する検討

レコードナンバー692683論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名田中 啓子
本井 博文
工藤 由起子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ45巻・ 3号, p.113-119(2004-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (751KB) 
抄録損傷O157の検出に適した増菌培養条件を検討した。ボイルスパゲティ中の凍結損傷O157は6時間の増菌培養後、ボイルスパゲティ中の加熱損傷O157、レタスおよびニンジン中の次亜塩素酸による損傷O157は18時間の増菌培養後に選択分離培地によって検出できた。さらにPCR法によりそれぞれ検査開始後12時間以内、24時間以内に陽性検体を判定できた。培養条件はノボビオシン加mEC42℃培養よりrypicase soy broh(SB)42℃培養が適していた。麺からの凍結損傷O157の検出にはSB 42℃6時間培養後にPCRを行う方法が、麺からの加熱損傷O157および野菜からの次亜塩素酸損傷O157の検出にはSB 42℃18時間培養後にPCRを行う方法が最も効果的なスクリーニング法であると考えられた。
索引語損傷;培養;検出;PCR;野菜;条件;凍結;加熱;塩素;酸
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat