特定原材料(牛乳)測定の厚生労働省通知ELISA法確立のための複数機関による評価研究

特定原材料(牛乳)測定の厚生労働省通知ELISA法確立のための複数機関による評価研究

レコードナンバー692684論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名穐山 浩
五十鈴川 和人
張替 直輝
渡邊 裕子
飯島 賢
山川 宏人
水口 岳人
吉川 礼次
山本 美保
佐藤 秀隆
渡井 正俊
荒川 史博
小笠原 健
西原 理久香
加藤 久
山内 淳
高畑 能久
森松 文毅
豆越 慎一
村岡 嗣朗
本庄 勉
渡邉 敬浩
坂田 こずえ
今村 知明
豊田 正武
松田 りえ子
米谷 民雄
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ45巻・ 3号, p.120-127(2004-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (823KB) 
抄録特定原材料である牛乳タンパク質測定のELISA法の確立のために10機関による検証評価試験を行った。カゼイン、β-ラクトグロブリンおよび牛乳タンパク質を測定する3種類のELISA法とも同時再現性はおおむねCV値10%以下と良好であった。10機関で牛乳標準溶液を添加した5食品の各食品抽出液を分析した際の平均回収率は、3種類のELISA法とも数種類の食品抽出液を除きおおむね40%以上であった。しかしカゼインキットでは、回収率が極端に低いソースの抽出液の場合、抽出液のpHを中性に調整した後に測定すると回収率が改善された。また牛乳エライザキットでは、クッキー、シリアル、パスタソースの抽出液において、回収率が低かったが、プレート上の抗体量を増加させることにより改善された。3種類のELISA法の検出限界は、測定溶液の濃度で1ng/mLであった。
索引語牛乳;測定;ELISA;回収;食品;評価;タンパク質;カゼイン;ELISA;研究
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat