キャピラリー電気泳動による食品中の食用タール色素の分析

キャピラリー電気泳動による食品中の食用タール色素の分析

レコードナンバー692689論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名石川 ふさ子
大石 充男
木村 圭介
安井 明子
斉藤 和夫
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ45巻・ 3号, p.150-155(2004-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (575KB) 
抄録キャピラリー電気泳動(CE)を用いて我が国の許可色素12種の分析法を検討した。食品中の色素を水および0.5%アンモニア-エタノール(1:1)混液で抽出し、色素抽出液をSep-Pak Plus C18による固相抽出法で精製した。CE条件はキャピラリーにバブルセルキャピラリー、泳動液に20%アセトニトリル含有10mmol/Lリン酸二水素カリウム-5mmol/L炭酸ナトリウム緩衝液(pH10.0)を用いた。各色素の移動時間および面積値の変動係数はそれぞれ0.28-0.62%、1.84-4.30%であり、吸収スペクトルによる確認限度は5-10μg/mLであった。各色素の清涼飲料水、キャンディーおよび漬物からの添加回収率(10μg/g)は70.0-101.5%であり、本法を市販食品に適用した。
索引語色素;食品;電気泳動;抽出;分析;種;水;アンモニア;エタノール;条件
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat