地域食品製造副産物を利用した高機能畜産物の生産技術の開発

地域食品製造副産物を利用した高機能畜産物の生産技術の開発

レコードナンバー692743論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
論文副題地域食品製造副産物に含まれる機能性成分と飼料特性について
著者名栗木 隆吉
黒岩 力也
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ15号, p.6-10(2004-03)ISSN09154728
全文表示PDFファイル (163KB) 
外部リンク
抄録給与により畜産物の品質向上が期待される食品製造副産物のうち、岡山県内で産出される7種類についてその栄養成分及び機能性成分などの特性を調べた。その結果は次のとおりであった。1.いずれも水分が高く保存性に課題はあるが、総ポリフェノール量及び抗酸化力は、ウーロン茶ガラ、緑茶ガラが最も高く、次に山ブドウ酒粕が高かった。2.茶ガラ中のカテキン類では、EGCgの含量が最も高く、緑茶では原物で1%程度含まれていた。また、ウーロン茶では緑茶の1/2程度の含量であった。3.茶ガラには脂溶性ビタミン類が多く含まれていた。4.生産物の抗酸化能を向上させる副産物として、茶ガラ及び山ブドウ酒粕の利用性が高いと考えられた。
索引語副産物;食品製造;成分;茶;地域;畜産物;特性;性;酸化;ブドウ
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat