宮崎県における肉用繁殖雌牛の繁殖成績

宮崎県における肉用繁殖雌牛の繁殖成績

レコードナンバー692777論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021489NACSIS書誌IDAA11392134
著者名中原 高士
井上 和也
原 好宏
ほか1名
書誌名宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Miyazaki Livestock Exp. Sta
宮崎畜試研報
発行元宮崎県畜産試験場
巻号,ページ12号, p.14-19(1999-12)ISSN09187278
全文表示PDFファイル (439KB) 
抄録県内繁殖雌牛の繁殖成績について、その特性を調査した。1999年2月1日現在、現存していると推定される繁殖雌牛89,955頭の繁殖成績を用いて、繁殖雌牛の年齢、初産月齢、分娩間隔について調査を行った。また分娩間隔における繁殖雌牛父牛からの影響及び遺伝パラメータの推定値として母内の反復率を調査した。得られた結果は、以下のとおりであった。(1)繁殖雌牛の平均年齢は、6.9歳でその年齢構成は、2歳牛と7、8歳牛において2峰性のピークが認められ、子牛価格が高い時期に繁殖雌牛の導入が促進されることが判明した。(2)初産月齢の平均は、24.7か月齢であり、22か月齢から24か月齢の3か月間に全体の60%が分娩していた。また分娩間隔の平均は、394.8日であり母内の反復率の推定値は、0.126と低く推定された。(3)繁殖雌牛父からの分娩間隔への影響が有意(P<0.01)に認められ、新規供用種雄牛の繁殖能力が早期に推定できる可能性が示唆された。
索引語繁殖;分娩;推定;年齢;調査;宮崎県;特性;遺伝;パラメータ;性
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat