宿根スイートピーの長日下における開花および切り花品質に及ぼす播種時期の影響

宿根スイートピーの長日下における開花および切り花品質に及ぼす播種時期の影響

レコードナンバー700166論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名小池 安比古
塚越 順治
井上 知昭
ほか1名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ3巻・ 2号, p.161-164(2004-06)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (270KB) 
抄録宿根スイートピー(Lahyrus laifolius L.)の‘ピンクパール’を1-7月に順次播種し育ててきた苗を8月20日に一斉に定植、整枝した後、同時に長日処理(16時間日長)を開始し、最低気温5℃の温度条件下で栽培して、年内開花の可能性を検討した。その結果、いずれの播種時期の苗でも年内に開花がみられ、3月以前の播種時期のものでは、定植当年内に株当たり3本前後の切り花を得ることができた。さらに、早く播種したものほど開花が早くなり、花柄がより長く、花序当たりの花数もより多くなることが多かった。また、播種時期が異なる苗の間で1番花の着花節位に差がみられなかった。
索引語播種;開花;時期;苗;切り花;花;品質;処理;日長;温度
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat