新たな流通戦略を目指した肉用牛の品質評価システムの開発(2)

新たな流通戦略を目指した肉用牛の品質評価システムの開発(2)

レコードナンバー700261論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011496NACSIS書誌IDAA11643733
論文副題超音波による肥育牛の栄養度判定
著者名新居 康生
岡久 靖司
林 和徳
書誌名徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所研究報告
別誌名徳島県畜産研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Ins.
徳島畜研報
畜産研究所研究報告
発行元徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所
巻号,ページ3号, p.44-47(2003-12)ISSN1347099X
全文表示PDFファイル (967KB) 
抄録畜産研究所及び農家肥育牛について超音波診断装置を用い、10ヶ月齢(導入時期)から30ヶ月齢(出荷時期)まで定期的に体表5部位について皮下脂肪厚、ロース芯面積、バラ厚の測定を行い、枝肉成績との関連性について検討を行った。今年度は昨年度に引き続き、定期測定を継続した結果、各皮下脂肪厚、ロース芯面積、筋間脂肪厚、バラ厚とも漸増傾向にあった。また県内外の出荷牛52頭について画像解析ソフトPopimagingにより求めた超音波画像ロース部位のテクスチャー解析結果と画像解析ソフトMarblingにより算出した枝肉のロース芯内脂肪率(粒子面積1cm2以上)について関連性を調べた結果、解析項目の平均において相関が0.77(p<0.01)と最も高かった。
索引語超音波;面積;肥育;齢;時期;出荷;バラ;測定;枝肉;脂肪
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat