近赤外分光法による土壌化学成分含有量の推定

近赤外分光法による土壌化学成分含有量の推定

レコードナンバー700304論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
著者名秋友 一郎
島村 真吾
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ14号, p.111-117(1998-03)ISSN02871262
全文表示PDFファイル (494KB) 
抄録近赤外分光法による土壌化学成分の定量の可能性を検討するため、全炭素、全窒素、塩基置換容量。可給態りん酸、交換性石灰、交換性くど及び交換性加里についてそれぞれ検量線を作成した。全炭素と全窒素については、高い分析精度を要しない場合、定量し得る結果となった。塩基置換容量の推定精度は不十分であったが、土壌の保肥力の傾向を把握する程度なら利用可能と判断した。他の成分については、近赤外法への適用が検討された例が少なく、定量困難という報告もあるが、検量線用試料が、60点という少ない試料にもかかわらず相関係数0.7以上の比較的高い数値が得られたことから、実用化の可能性が示唆された。土壌を微粉砕すると、検量線の分散比が向上したことから、試料の粒度を小さくすることは検量線の精度向上に有効である。さらに、全炭素と全窒素においては、近赤外スペクトルを2次微分した後、重回帰分析に供することにより検量線の精度が向上した。重回帰分析に供した土壌試料は、正規分布か偏分布であり検量線作成に適していなかったため、多様なサンプルを適用するか、採材数を増加させる等、試料収集を改善することにより、検量線の精度向上が期待できた。
索引語精度;近赤外;成分;炭素;窒素;性;土壌;分光;土壌化学;推定
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat