パラフィン液相乾燥材の外構材としての利用

パラフィン液相乾燥材の外構材としての利用

レコードナンバー700582論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007680NACSIS書誌IDAN00379067
著者名松岡 良昭
書誌名木材工業 = Wood industry
発行元日本木材加工技術協会
巻号,ページ59巻・ 9号, p.388-392(2004-09)ISSN00268917
全文表示PDFファイル (1080KB) 
抄録木材乾燥としては特殊乾燥に分類されるパラフィン液相乾燥は、乾燥工程の中でパラフィンを注入でき、材面割れが少ない特性がある。しかもパラフィンは衛生上の安全も確保されていることから、脱薬剤で環境調和型の外構用木材製品としての利用開発が期待できる。本稿では、スギ間伐材から加工される丸棒材を中心として筆者がこれまで関わった実用化研究を紹介する。
索引語乾燥;パラフィン;利用;木材;特性;薬剤;環境;開発;スギ;間伐
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat