スイートピー新品種‘紀州ピー2号(通称:キャンドル・ピンク)'と‘スイートルージュ'の育成経過および特性

スイートピー新品種‘紀州ピー2号(通称:キャンドル・ピンク)'と‘スイートルージュ'の育成経過および特性

レコードナンバー700689論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名花田 裕美
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ5号, p.75-81(2004-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (492KB) 
抄録冬咲きの白色品種‘アーリー・ホワイト’を種子親に、冬咲きのピンク品種‘マッカーサー’と冬咲きで濃赤色の‘アメリカン・ビューティー’を花粉親とした交配育種により新品種を育成した。‘紀州ピー2号(通称:キャンドル・ピンク)’は冬咲きで‘マッカーサー’より淡いサーモンピンク色で、‘スイートルージュ’は冬咲きで旗弁と翼弁の色が異なる複色品種である。‘紀州ピー2号’の栽培特性、開花特性は花粉親の‘マッカーサー’と同程度で最適種子冷蔵期間は15日程度である。‘スイートルージュ’の栽培特性は‘アメリカン・ビューテイー’と同程度であるが、開花特性は低温要求が大きく、最適種子冷蔵期間は20日程度である。両品種ともに収穫本数が多く、良質の切り花の収穫が可能であり、和歌山県オリジナルの有望な冬咲きの品種である。
索引語冬;特性;品種;種子;親;色;新品種;育成;花粉;栽培
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat