アミノ酸分析計によるGABA分析時間の短縮

アミノ酸分析計によるGABA分析時間の短縮

レコードナンバー701061論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002320NACSIS書誌IDAN00330024
著者名近藤 君夫
戸井田 仁一
蟻川 幸彦
ほか1名
書誌名長野県食品工業試験場研究報告 = [Research] report of the Nagano State Laboratory of Food Technology
別誌名Research report of Food Technology Research Institute of Nagano Prefecture
発行元長野県食品工業試験場
巻号,ページ32号, p.39-43(2004-09)ISSN0286102X
全文表示PDFファイル (402KB) 
抄録アミノ酸分析計の標準分析プログラムを変更することにより、γ-アミノ酪酸(GABA)の分析に要する時間を3分の1以下にすることができた。変更プログラムでは、標準条件で前半に溶出するアスパラギン酸-システインの分離が不十分で定量が困難であったが、GABAについては前後に溶出するフェニールアラニン、リジンと完全に分離でき、再現性も標準条件より優れていた。また、カラム再生も含めた分析時間を15分に短縮することで、多数の試料の分析に対応できるとともに、試薬等の分析コストを4分の1程度とすることができた。
索引語分析;時間;アミノ酸;プログラム;GABA;条件;分離;GABA;酸;リジン
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat