市販鶏肉におけるカンピロバクターの定量検査と分離菌株の血清型

市販鶏肉におけるカンピロバクターの定量検査と分離菌株の血清型

レコードナンバー701122論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名小野 一晃
斎藤 志保子
川森 文彦
ほか3名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 9号, p.595-598(2004-09)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (618KB) 
抄録2000年7月から9月にかけて、4県(静岡、埼玉、秋田および新潟)で採集した市販鶏肉(むね肉、もも肉および手羽先)計128検体におけるカンピロバクター(Campylobacer jejuni/coli)の汚染率は75.0%(96/128)であり、汚染菌数(MPN法)は陽性96検体中92検体(95.8%)において10(3)cfu/100g以下であった。また、分離されたカンピロバクター192株はC.jejuni(182株、94.8%)およびC.coli(10株、5.2%)に同定され、Penner法による血清型別では、B群22株(11.5%)、F群16株(8.3%)、C群15株(7.8%)などで、型別不能株は47株(24.5%)であった。
索引語鶏肉;分離;血清;汚染;検査;カンピロバクター;検体;市販;肉;jejuni
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat