人工光源とその光質がペチュニアの内生ジベレリン量およびGA3に対する反応性に及ぼす影響

人工光源とその光質がペチュニアの内生ジベレリン量およびGA3に対する反応性に及ぼす影響

レコードナンバー701263論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名鵜生川 雅己
福田 直也
大久保 直美
ほか4名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ73巻・ 5号, p.441-446(2004-09)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (779KB) 
抄録高圧ナトリウムランプの下で生育したペチュニア‘バカラブルー’は、陽光ランプの下で生育したものよりも矮化した形態になる。この人工光源の種類によって引き起こされる生育差におけるジベレリン(GA)の役割について調査した。高圧ナトリウムランプ下のペチュニアは、陽光ランプ下のものよりもGA20、GA1の含量が低かった。一方、GA19の含量については、両ランプ処理区間で差が認められなかった。ウニコナゾール処理によってペチュニアの草丈は低下し、両ランプ処理区間での草丈の差が小さくなった。GA3処理によってウニコナゾール処理したペチュニアの草丈は増加したが、その増加の度合いにランプ処理による影響は認められなかった。以上の結果より、高圧ナトリウムランプ下でのペチュニアのわい化は、低いGA20、GA1含量が原因となっており、GAに対する反応性が原因ではないことが明らかになった。また、GA19からGA20への代謝が、ランプの光質の影響を受けている可能性が示唆された。
索引語ペチュニア;処理;ナトリウム;生育;草;人工;光;ジベレリン;内生;形態
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat