施設アスパラガスにおけるネギアザミウマの分布様式と必要サンプル数

施設アスパラガスにおけるネギアザミウマの分布様式と必要サンプル数

レコードナンバー701333論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011672NACSIS書誌IDAN10419973
著者名浅井 三礼
星野 滋
書誌名広島県立農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Hiroshima Prefectural Agriculture Research Center
別誌名広島農技セ研報
広島県立農業技術センター研究報告
発行元広島県立農業技術センター
巻号,ページ76号, p.37-42(2004-05)ISSN09184848
全文表示PDFファイル (814KB) 
抄録1.擬葉払いおとし平均虫数(m)とその平均こみあい度(m*)の回帰直線の切片αはそれぞれ1.16と0.26,角度βは1.54と1.33となった。このことから,擬葉上ではネギアザミウマは成虫,幼虫ともに,ほ場内で集中分布していると判断できた。2.若茎の平均生息虫数(m)とその平均こみあい度(m*)の回帰直線の切片αはそれぞれ-0.21と-0.80,角度βは1.45と1.65であった。このことから,若茎におけるネギアザミウマは成虫,幼虫ともに,ほ場内で集中分布していると判断できた。3.ネギアザミウマの擬葉部における生息密度調査に必要な調査か所数は,平均虫数(X-)と必要サンプル数(N)の関係から,成虫:N=6.00+24.00/X-,幼虫:N=3.67+14.00/X-であった。4.若茎アスパラガスにおけるアザミウマの生息密度の調査に必要な調査か所数は,平均虫数(X-)と必要サンプル数(N)の関係から,成虫:N=5.00+8.78/X-,幼虫:N=7.22+2.22/X-であった。5.ネギアザミウマの発生初期(株あたり2頭)の調査株数は,18株以上必要と考えられる。
索引語アスパラガス;施設;分布;被害;様式;害虫;寄生;種;キャベツ;カキ
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat