ホタテガイ貝柱肉のゲル化に及ぼす冷凍貯蔵の影響

ホタテガイ貝柱肉のゲル化に及ぼす冷凍貯蔵の影響

レコードナンバー701376論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20013954NACSIS書誌IDAA11906752
著者名角 勇悦
能登谷 典之
大澤 幸樹
ほか2名
書誌名青森県ふるさと食品研究センター研究報告 = Report of Aomori Prefectural Local Food Research Center
発行元青森県ふるさと食品研究センター
巻号,ページ2号, p.1-4(2004-09)ISSN13490400
全文表示PDFファイル (229KB) 
抄録1.ホタテガイ貝柱を貝柱区分と潰し肉区分でそれぞれ冷凍貯蔵したところ、貝柱区分の方が貯蔵性中におけるゲル形成能低下が少なかった。2.貝柱区分においては、-30℃貯蔵が-20℃貯蔵よりも明らかにゲル形成能低下が少なかったが、潰し肉区分では、両貯蔵温度による差は認められなかった。3.潰し肉に加塩した後冷凍貯蔵することにより、貯蔵中におけるゲル形成能低下防止に効果が認められた。
索引語貯蔵;ゲル;冷凍;形成;ホタテガイ;性;温度;防止;効果;貝柱
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat