逆相・カチオン交換のミックスモードカートリッジを用いた食肉中残留抗生物質の微生物学的検査法

逆相・カチオン交換のミックスモードカートリッジを用いた食肉中残留抗生物質の微生物学的検査法

レコードナンバー701383論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名草野 友子
神田 真軌
鎌田 国広
宮崎 奉之
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ45巻・ 4号, p.191-196(2004-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (516KB) 
抄録逆相・カチオン交換のミックスモードカートリッジの単一使用で、食肉中に残留するベンジルペニシリン(PCG)、オキシテトラサイクリン(OC)、スピラマイシン(SPM)の残留基準値をスクリーニング可能な微生物学的検査法を開発した。食肉はpH4.5リン酸緩衝液で抽出し、OasisMCXカートリッジに負荷した。その後、酸性分画、塩基性分画の順に溶出し、Bacillus cereus var. mycoides ACC 11778、Micrococcus lueus ACC 9341の2菌株を使用した微生物学的試験法を行った。その結果、平均回収率はPCG70%、OC92%、SPM84%であり、各抗生物質の残留基準値の検出が可能であった。
索引語残留;食肉;微生物;カチオン;モード;抗生物質;検査;基準;pH;リン酸
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat