木材の加熱処理技術の確立(1)

木材の加熱処理技術の確立(1)

レコードナンバー701500論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011393NACSIS書誌IDAA11858241
論文副題スギ材の加熱処理について
著者名飯田 昭光
平井 勝博
書誌名林業試験場報告
別誌名青森県農林総合研究センター林業試験場報告
青林研試報告
Bulletin of the Forestri Experiment Station
発行元青森県農林総合研究センター林業試験場
巻号,ページ15年度・ p.35-41(2004-08)ISSN1349242X
全文表示PDFファイル (924KB) 
抄録スギ材の高付加価値化を目的として、材を一定の温度・時間加熱して、材を暗色化さえる処理(以下加熱処理)について検討したところ、以下の知見が得られた。1.加熱温度200℃において、明度の減少(暗色化)が最も顕著であることが分かった。2.加熱温度200℃における、加熱時間と明度の関係が把握できた。3.200℃で4時間以上の加熱処理の場合、未乾燥材でも乾燥材とほぼ同様の明度が得られることが分かった。4.処理により、心材と辺材の明度差が縮小する傾向が認められた。5.処理によりトビクサレ被害材の健全部と変色部の明度差が縮小する傾向が認められた。6.処理後90日間の明度は、ほとんど変化が認められなかった。
索引語加熱;処理;温度;スギ;時間;乾燥;木材;技術;心材;辺材
引用文献数2
登録日2011年03月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat