コクチバスによる在来魚への捕食圧を軽減する水草帯の効果

コクチバスによる在来魚への捕食圧を軽減する水草帯の効果

レコードナンバー701528論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名中村 智幸
片野 修
山本 祥一郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ52巻・ 3号, p.287-291(2004-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (400KB) 
抄録コクチバスによる在来魚への捕食圧を軽減するうえでの水草帯設置の効果を実験的に検証した。屋外実験池8面のうち4面に、クサヨシを1 m2の範囲に100本植え、他の4面は無植栽とした。そして、各池にコクチバス3尾とフナおよびウグイを各20尾放流し、1期14日間、計2期、フナとウグイの被食数を調べた。その結果、両種ともにクサヨシ帯を設置した池では、被食数が有意に減少することが明らかになった。この結果は、自然水域における水草帯の保全・拡大が、コクチバスによる在来魚への捕食圧を軽減するうえで効果的であることを示す。
索引語捕食;池;効果;フナ;種;自然;水域;保全;コクチバス;帯
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat