橈骨近位骨幹骨折をプレート固定した子馬の1症例

橈骨近位骨幹骨折をプレート固定した子馬の1症例

レコードナンバー701740論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名樋口 徹
扇谷 学
井上 哲
ほか2名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 11号, p.710-713(2004-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1696KB) 
抄録1ヶ月齢のサラブレッド種子馬の橈骨近位骨幹の完全骨折をプレート2枚を用いた内固定で治療した。橈側手根伸筋と総指伸筋の間を切開し、橈骨頭側面に10穴ブロードプレート、外側面に12穴ナロープレートを用いて固定した。術後3週間はフルリムキャストを装着した。6週間後に外側のプレートを、10週間後に頭側のプレートを除去した。プレートを固定していたスクリューの破損、プレート除去後に骨折部位での軽度の角状変形、贅骨増生が認められた。橈骨神経麻痺様症状も認められたが、徐々に回復し、15ヶ月後にはセリで売買され、3年4ヶ月後競馬に出走し1着となった。
索引語固定;筋;齢;種;根;角;骨;神経;麻痺;症状
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat