レンジャク突然死に関連したEPNのマウス体内における挙動

レンジャク突然死に関連したEPNのマウス体内における挙動

レコードナンバー701941論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005079NACSIS書誌IDAN00178870
著者名山本 明彦
月岡 忠
吉田 徹也
ほか2名
書誌名長野県衛生公害研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Nagano Research Institute for Health and Pollution
発行元長野県衛生公害研究所
巻号,ページ21号, p.6-8(1999-03)ISSN03879070
全文表示PDFファイル (251KB) 
抄録1997年2月8日の小諸市におけるレンジャク突然死の原因を究明するために,また,EPN中毒の基礎データを得ることを目的として,マウスを用いた経口投与実験を行った.EPNの代謝は早く,マウス体内で速やかに分解された.また,個体によって,EPNを投与してから中毒死するまでの時間が異なり,短時間で死んだものは組織中のEPN濃度が高かった.これら実験結果から,小諸市で突然死したレンジャクはEPN中毒であると考えられた.
索引語マウス;中毒;死;投与;データ;代謝;個体;時間;組織;濃度
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat