戸隠地域の古池ならびに種池におけるモリアオガエルの産卵環境

戸隠地域の古池ならびに種池におけるモリアオガエルの産卵環境

レコードナンバー702005論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015886NACSIS書誌IDAA11255745
著者名北野 聡
書誌名長野県自然保護研究所紀要 = Bulletin of Nagano Nature Conservation Research Institute
発行元長野県自然保護研究所
巻号,ページ4巻・ p.257-262(2001-03)ISSN13440780
全文表示PDFファイル (391KB) 
抄録水位変動特性の異なる戸隠地域の2つの池においてモリアオガエルの卵塊の季節消長と産卵環境について調査した.1996年の初夏に定期的に池を訪れ,池の周囲につくられたモリアオガエルの卵塊の数,大きさ,基質となった植物種,地上高,水面との位置関係を記録した.池によって卵塊の分布様式が異なり,一方の池では一般的に知られているような樹上産卵は多くなかった.また,卵塊の地上高や卵塊サイズにも差違が認められた.これらは水位変動に対する本種の柔軟な産卵様式を反映させたものと思われる.
索引語池;卵;産卵;種;地域;環境;水位;変動;様式;特性
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat