野生きのこハタケシメジの栽培品種開発

野生きのこハタケシメジの栽培品種開発

レコードナンバー702165論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012071NACSIS書誌IDAN1046332X
著者名松本 哲夫
国友 幸夫
書誌名研究報告
発行元群馬県林業試験場
巻号,ページ7号, p.30-37(2001-03)ISSN09186115
全文表示PDFファイル (944KB) 
抄録野生きのこハタケシメジの新品種を開発し、品種登録の出願を行った。1 当場保存の野生菌株28株について試験栽培を行ったところ、発生の安定性、平均栽培日数及び収量等を考慮し、第1次選抜株として12株を選抜した。2 第1次選抜と同様に第2次8株、第3次3株、最終選抜を行い、品種登録株を決定した。3 第3次選抜株において子実体発生温度と子実体生育温度を調査したところ、子実体の発生と生育には18℃が適温であることが判明した。4 最終選抜株について、その特性を確認し「群馬GLD-21号」、及び「群馬GLD-17号」の名称で品種登録出願を行った。
索引語選抜;品種;栽培;登録;発生;子実体;きのこ;開発;温度;生育
引用文献数4
登録日2011年09月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat