日本産ヒエ属にみられるマイクロサテライトおよびISSR領域における多型

日本産ヒエ属にみられるマイクロサテライトおよびISSR領域における多型

レコードナンバー702793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015503NACSIS書誌IDAA11317194
著者名野澤 樹
中井 弘和
佐藤 洋一郎
書誌名育種学研究 = Breeding research
発行元日本育種学会
巻号,ページ6巻・ 4号, p.187-193(2004-12)ISSN13447629
全文表示PDFファイル (1439KB) 
抄録日本産ヒエ属5種を用い、ヒエ属で同定されているマイクロサテライトおよびIner simple sequence repea(ISSR)領域の多型を調査した。日本産ヒエ属で多型を示す3つのマイクロサテライトマーカ(EC1、EC3およびEC5)を選抜し、検出された合計16アレルの塩基配列を決定した。これらのアレルの組み合わせによって供試170系統を14のタイプに分類した。ヒエにみられたタイプはイヌビエにみられた11タイプのうちの2タイプに限定され、4倍性であるタイヌビエは6倍性の他の種と明確に区別することができた。またISSR領域の多型の解析でもヒエ属5種143系統を14のタイプに分類できた。ここでもヒエでみられたタイプがイヌビエ9タイプの中の1タイプに限定された。これらの結果からヒエがイヌビエのタイプの限られた一部から栽培化されたと考えられる。
索引語ヒエ;属;多型;種;イヌビエ;系統;性;塩基配列;タイヌビエ;解析
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat