大阪府域における浮浪犬のレプトスピラ抗体の保有に関する調査

大阪府域における浮浪犬のレプトスピラ抗体の保有に関する調査

レコードナンバー702983論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名武田 雅人
小西 修宏
塩野 将巳
ほか6名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ57巻・ 12号, p.809-812(2004-12)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (326KB) 
抄録2002年9月から2003年7月の間に、大阪府の4ヶ所の管内(箕面、四条畷、藤井寺、泉佐野)にて抑留された臨床的に健康な浮浪犬89頭を対象としてLepospira inerrogansの5種類の血清型(icerohaemorrhagiae、auumnalis、hebdomadis、ausralis、canicola)に対する抗体調査を行った。大阪府の犬のレプトスピラ抗体陽性率は52.9%(87頭中46頭)で、陽性率に雌雄差は認められなかった。icerohaemorrhagiae、auumnalis、hebdomadis、ausralisの血清型菌に対する抗体は検出されたが、canicolaに対する抗体は検出されなかった。今回の供試犬はワクチンの未接種と考えられる事から、本成績は大阪府に分布するレプトスピラの血清型の特徴を示していると可能性が示唆された。
索引語抗体;大阪府;血清;調査;ワクチン;接種;犬;レプトスピラ;浮浪;icerohaemorrhagiae
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat