クローンヒラメのクローン性の証明と系統判別第1報

クローンヒラメのクローン性の証明と系統判別第1報

レコードナンバー703059論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009275NACSIS書誌IDAN10008130
論文副題DNAフィンガープリント法による証明と判別
著者名森 立成
齊藤 節雄
書誌名北海道立水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experimental Station
別誌名Scientific reports of Hokkaido Fisheries Experiment Station
Sci. Rep. Hokkaido Fish. Exp. Stn.
北水試験報
発行元北海道立水産試験場
巻号,ページ67号, p.81-88(2004-10)ISSN09146830
全文表示PDFファイル (769KB) 
抄録第一卵割阻止型雌性発生二倍体(G2)の次世代を、再び雌性発生により作出することにより、クローンヒラメを9系統作出した。その一部を雄性ホルモン処理により雄化した後、異なる系統と交配することで、ヘテロ型クローン3系統作出した。マルチローカスDNAフィンガープリント法およびPCR法をべ一スとしたDNAフィンガープリント法により、クローン性の証明とクローン系統の判別を行った。マルチローカスDNAフインガープリント法の場合、クローン内およびG2では、全て同一のフィンガープリントパターンを示したのに対して、異なるクローン間および正常二倍体では、異なるバンドパターンであった。PCR法をべースとしたフィンガープリント法では、クローン系統間で多型性が認められ、系統判別が可能であった。ヘテロ型クローン個体では、両系統のホモ型親魚のマーカーを保有する個体としないものがあった。
索引語クローン;系統;性;ヒラメ;雌;発生;雄;DNAフィンガープリント;PCR;個体
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat