4)マガキを用いた海域重金属モニタリングの検討

4)マガキを用いた海域重金属モニタリングの検討

レコードナンバー703633論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005436NACSIS書誌IDAN10552485
著者名村岡 俊彦
策 俊郎
久保 清
書誌名熊本県保健環境科学研究所報 = Annual report of Kumamoto Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
発行元熊本県保健環境科学研究所
巻号,ページ27号, p.51-57(1998-10)ISSN13416480
全文表示PDFファイル (671KB) 
抄録マガキによる海水中の重金属モニタリングを目的として,八代海沿岸域を対象にマガキ中の重金属濃度(Pb,Cd,Zn,Ni,Co,Mn,Fe,Cu)と諸因子(海水重金属濃度,季節,殻長,個体重量)との関連について調査研究を行った。その結果,Pb,Ni,Coに関しては海水中の濃度と良い相関を示したのに対してCd,Cuに関しては個体重量の変動パターンに類似する傾向が見られた。また,Mn,Zn,Cuについては殻長への依存性が見られた。季節変動パターンの解析から生殖の影響がうかがわれた。
索引語重金属;海水;濃度;モニタリング;季節;殻長;個体;変動;海域;沿岸
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat