再凍結胚の移植,分娩成功例

再凍結胚の移植,分娩成功例

レコードナンバー710333論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名高橋 具視
荒木 康久
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ21巻・ 3号, p.162-165(2004-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (580KB) 
抄録胚の凍結利用は広く臨床応用されている。最近、緩慢凍結法と同様に急速凍結法(virificaion)も応用範囲を広げつつある。初期胚を移植して残った非移植胚9個を3ストローに3個づつ充填してvirificaionにより凍結した。5ヵ月後、全9個を融解して胚盤胞まで体外培養させた結果、4個が胚盤胞に到達したので、うち2個を移植し、残り2個を再凍結(virificaion)した。妊娠が成立しなかったので、更に3ヵ月後、再凍結胚(胚盤胞)を融解して移植したところ妊娠に成功した。妊娠38週で帝王切開にて分娩、正常女児(2910g、46、XX)を得た。ヒトの再凍結融解報告は少なく今後、臨床応用の成否に関しては議論されなければならない。
索引語凍結;胚;移植;胚盤胞;妊娠;融解;分娩;臨床;利用;ヒト
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat