高温高湿水蒸気中での乾燥過程における生材の振動試験方法の検討

高温高湿水蒸気中での乾燥過程における生材の振動試験方法の検討

レコードナンバー710359論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名久保島 吉貴
鈴木 養樹
外崎 真理雄
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ3巻・ 4号, p.335-339(2004-12)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (1015KB) 
抄録高温高湿条件で乾燥処理中の生材の振動試験方法について検討した。110mm(R)×25mm(L)×10mm(T)の寸法のシトカスプルース生材(Picea sitchensis Carr. 初期含水率210%)を試験体に用いた。試験系を密閉型加熱容器内に設置し、設定温度115℃および相対湿度75%の条件で試験体を乾燥させた。振動特性は両端自由撓み振動試験より測定した。また、振動検出用の渦電流式変位計の出力の経時変化を測定した。結果は以下の通りであった。1)湿気による変位計の出力の低下は変位計を耐熱ゴムとシリコン剤で被覆することにより改善された。2)乾燥途中に変位計を交換することの振動特性の経時変化の傾向への影響は小さいと言えた。3)以上より、被覆した変位計を用い、乾燥途中で変位計を交換しながら試験すれば簡便に高温高湿条件での振動特性が得られることが分かった。
索引語振動;乾燥;高温;条件;特性;水蒸気;処理;含水率;加熱;容器
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat