ベンチアバリカルブイソプロピルの土壌中での分解

ベンチアバリカルブイソプロピルの土壌中での分解

レコードナンバー710872論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名池田 光政
宇佐美 智巳
水谷 浩之
ほか1名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ30巻・ 1号, p.22-30(2005-02)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (586KB) 
抄録ベンチアバリカルブイソプロピル(BVI)のベンゾチアゾール環ベンゼン部位およびバリン部位の二つの14C標識体を用い、土壌中での分解を容器内試験で検討した。畑条件での半減期は牛久土壌が7日、掛川土壌が3日、また湛水条件での半減期は牛久土壌が11日、掛川土壌が6日であり、いずれの条件においても分解は速やかであった。主要分解物として5化合物を同定し、これらはいずれも処理7-28日後に最大となったのち減少した。親化合物の減少に伴い、non-exracable residueおよび14CO2発生量の増加が認められた。14CO2の発生量はバリン部標識体で多かった。滅菌土壌では両条件ともにBV1の分解が著しく抑えられた。BVIは土壌中で、まずアミド結合が加水分解され、続いて多くの化合物を経て最終的にCO2になる経路により分解されるものと推察した。
索引語土壌;分解;条件;化合物;標識;半減期;発生;ベンゼン;容器;畑
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat