2004年の北海道におけるタンチョウの繁殖状況

2004年の北海道におけるタンチョウの繁殖状況

レコードナンバー711071論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001927NACSIS書誌IDAA10819947
著者名正富 宏之
百瀬 邦和
松本 文雄
ほか3名
書誌名Journal of Environmental Science Laboratory
別誌名専修大学北海道短期大学環境科学研究所報告
発行元Environmental Science Laboratory, Senshu University-Hokkaido
巻号,ページ11号, p.1-26(2004-12)ISSN13464736
全文表示PDFファイル (2110KB) 
抄録タンチョウ Grus japonensis が生息する北海道東部と北部において、2004年4-5月に航空機を用いて繁殖状況を調査した。その結果、従来の分布域のほかに初めて道北のサロベツ原野に1繁殖番いを認めた。調査回数が前年より少ないにもかかわらず、繁殖番い数は282番いで8番い多く、前年比増加率2.9%を保ち、地方別では根室地方で減少したが十勝・釧路両地方で増加し、特に十勝では過去最多を記録した。繁殖番い密度は現存湿原面積1km2あたり平均0.54番いで、十勝と根室両地方で1.21-1.73番と高く釧路地方が0.45番いと低いのは従前と同様であった。営巣地点の環境は77.9%が、開けた湿原地や低・高木が散在する湿地などで、ハンノキを主とする湿地樹林内営巣は全体の5.2%(N=16)であった。また、営巣地点以外のツル目撃箇所のうち11.5%は、牧草地などの農地であった。5月の家族数は76組で、雛を98羽確認したが、根室地方では繁殖活動中番いのうち家族が37.3%に過ぎず、孵化の進行が他地方より遅れていた。今年の特色として、最初の営巣等に失敗して同一行動圏内で再営巣したと思われる例が33例あり、繁殖番いの11.8%と高い割合を示したが、原因等は不明であった。
索引語繁殖;北海道;調査;湿原;湿地;家族;が;航空機;分布;原野
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat