二次代謝産物を指標にした3種のジャガイモそうか病菌のTLC法による簡易識別

二次代謝産物を指標にした3種のジャガイモそうか病菌のTLC法による簡易識別

レコードナンバー711232論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名眞鍋 佳世
田代 暢哉
根岸 寛光
陶山 一雄
松山 宣明
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ71巻・ 1号, p.6-10(2005-02)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (520KB) 
抄録紫外線で検出可能な放線菌の二次代謝産物を指標としたジャガイモそうか病菌の簡易迅速識別を試みた。Benne寒天平板培地で3種のジャガイモそうか病菌Srepomyces scabies、S. acidiscabies、S. urgidiscabiesをそれぞれ25℃で5日間培養後、菌叢を寒天ごと3-5mm角に切り出し、ガラス製管瓶中で有機溶媒により二次代謝産物の抽出を行った。抽出溶媒として用いたメタノール-ジエチルエーテル(2:1、v/v)、メタノール、アセトニトリルのなかでは、精度、簡便さ、迅速性の点でアセトニトリルが最も適していた。アセトニトリル抽出物をシリカゲル薄層プレートにスポットし、クロロフォルム-メタノール-アセトン-酢酸-水(55:20:4:4:2、v/v)を用い、25℃、90分間展開後、暗所において紫外線(波長365nm)を照射して観察した。得られたスポットパターンから3種のジャガイモそうか病菌は明確に識別され、本法はジャガイモそうか病菌の簡易迅速識別法として有用であることが示された。
索引語ジャガイモ;識別;代謝産物;種;抽出;メタノール;指標;紫外線;寒天;検出
引用文献数21
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat