黒毛和種における産肉能力の育種価について

黒毛和種における産肉能力の育種価について

レコードナンバー711318論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015797NACSIS書誌IDAN00380452
著者名高橋 和裕
谷原 礼論
橋本 和博
ほか2名
書誌名香川県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Kagawa Live. Exp. Stn.
Bull. Kagawa Live. Res. Str.
Bull. Kagawa Live. Res. Stn.
香川畜産報
香川畜試報
Bulletin of the Kagawa Prefectural Livestock Experiment Station
Bulletin of the Kagawa Prefecture Livestock Experiment Station
Bulletin of the Kagawa Prefecture Livestock Research Station
発行元[出版者不明]
巻号,ページ39号, p.10-18(2004-10)ISSN03893553
全文表示PDFファイル (415KB) 
抄録県内で生産または肥育された枝肉情報を用いて産肉形質に関する遺伝率並びに育種価の解析を実施した。枝肉重量、ロース芯面積、バラの厚さ、皮下脂肪厚、歩留基準値及び脂肪交雑(基準値)の遺伝率は、それぞれ順に0.623、0.528、0.352、0.486、0.681、0.481であった。県内で併用されてきた繁殖雌牛の育種価の年次的推移は、ロース芯面積、バラの厚さ、皮下脂肪厚、歩留基準値及び脂肪交雑については、年々と育種価が高くなる傾向で推移してきたが、枝肉重量については、近年、伸び悩みの傾向が認められた。各形質で育種価の高い繁殖雌牛が分布しており、それらの雌牛を活用した改良が有効であると示唆された。
索引語育種価;枝肉;形質;遺伝率;面積;バラ;脂肪交雑;基準;繁殖;種
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat