トウガラシのサツマイモネコブセンチュウ抵抗性DNAマーカーの開発

トウガラシのサツマイモネコブセンチュウ抵抗性DNAマーカーの開発

レコードナンバー711534論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
著者名細美 祐子
澤田 博正
岡田 昌久
松本 満夫
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ14号, p.67-72(2005-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (530KB) 
抄録トウガラシのサツマイモネコブセンチュウ抵抗性DNAマーカー(E23-1STS)を開発した.1.サツマイモネコブセンチュウ抵抗性トウガラシ品種‘Laris’と感受性ピーマン系統‘MK18-3-1’とのF1世代から作出した葯培養系統集団を用いて,サツマイモネコブセンチュウ抵抗性遺伝子に連鎖するRAPDマーカーを同定した.このマーカーによって増幅されるDNA断片の塩基配列を決定し,連鎖領域を特異的に増幅するSTSマーカーを開発した.2.サツマイモネコブセンチュウ抵抗性葯培養系統を感受性ピーマン系統に交配した分離集団において,STSマーカーで抵抗性個体を選抜したところ,サツマイモネコブセンチュウ接触検定の結果とほぼ一致し,マーカーによる選抜の有用性が確認された.さらに,このSTSマーカーより,サツマイモネコブセンチュウ抵抗性のトウガラシ系統「八房系」からも同じサイズのバンドが確認された.
索引語サツマイモ;ネコブセンチュウ;抵抗性;マーカー;系統;トウガラシ;開発;DNA;感受性;ピーマン
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat