日本における放牧の現状

日本における放牧の現状

レコードナンバー711543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名辻井 弘忠
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ3号, p.1-5(2005-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (353KB) 
抄録近年、放牧を見直そうとする背景がある。そこには、乳用牛および肉用牛の飼養戸数の大幅な減少に対して飼養頭数は大幅な増加傾向にある。つまり、多頭飼育傾向が見られ、放牧場の存在は各農家の省力化のために必要かつ重要である。本論文は全国の放牧場について、地域別に見た放牧場数、放牧頭数、放牧面積、放牧場の立地条件、放牧場の草種、放牧期間ならびに放牧の持つ多角的価値などについて解析を試みてみた。その結果、各地域の放牧場は飼育している牛の種類の違いと地域の地理的または自然的な条件による違いが見られた。
索引語放牧;地域;飼育;日本;農家;面積;立地条件;草;種;解析
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat