小丸川入り江に生育するハマボウ種子の耐塩水性について

小丸川入り江に生育するハマボウ種子の耐塩水性について

レコードナンバー711575論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010095NACSIS書誌IDAA11836271
著者名北村 泰一
永利 薫織
書誌名南九州大学研究報告. A, 自然科学編 = Bulletin of Minamikyushu University. A, Natural science
発行元南九州大学
巻号,ページ35号, p.1-12(2005-04)ISSN1348639X
全文表示PDFファイル (708KB) 
抄録かつては南九州地域の汽水域に広く分布したハマボウが耐塩水性に優れ南九州汽水域への導入に最適な樹種のひとつであることをこれまでの研究で確認したが、現在埋め立てや河川改修により汽水域におけるハマボウ生息環境の消失は著しく、宮崎県内におけるハマボウ群落は減少の一途を辿っており、人為的再生の必要性が高まっている。このような観点から、本研究は汽水域におけるハマボウ林の人為的再生の際に必要となるハマボウ種子の耐塩水性を実験的に評価した。小丸川入り江に位置するハマボウ群落より採取したハマボウ種子に硫酸処理を施した後、縦20cm、横40cm、深さ15cmのプラスティック製容器に、厚さ2cmのウレタン樹脂を敷き詰めそれぞれNaCl濃度20000(ppm)、15000(ppm)、12500(ppm)、10000(ppm)、7500(ppm)、5000(ppm)、2500(ppm)、0(ppm;水道水)塩水500ccで湿らせて播種床とし、そこにハマボウ種子を100粒ずつ置いて室内に放置し、1ヶ月後の発芽状況を観察した。実験は、2002年8月15日-2004年2月15日間、毎月行った。その結果、ハマボウ種子が発芽する期間は4-10月間に限定され11月-翌年3月の期間は休眠期に相当することが推測された。さらに、ハマボウ種子の発芽段階における許容最大塩水濃度は15000-20000(ppm)で、その耐塩水性が最大となる季節は8-9月であることが明らかになり、ハマボウ種子の耐塩水特性は既往研究で明らかにしたハマボウ差し穂と同等であった。ハマボウ種子の許容塩水濃度は、通常の塩生種と比較すると高い数値であることも判明した。さらにハマボウ種子の塩水冠水下における発芽率は、種の採取時期(P<0.001)、発芽する季節(P<0.005)、塩水濃度(P<0.001)と有意な関係にあることが統計的に示された。
索引語種子;発芽;性;汽水;濃度;種;研究;群落;再生;季節
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat