簡易獣害防止柵「おうみ猿落・猪ドメ君サーカステント」の改良と侵入防止効果の検証

簡易獣害防止柵「おうみ猿落・猪ドメ君サーカステント」の改良と侵入防止効果の検証

レコードナンバー711657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000397NACSIS書誌IDAA11542306
著者名山中 成元
常喜 弘充
寺本 憲之
ほか3名
書誌名滋賀県農業総合センター農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Shiga Prefecture Agricultural Research Center Agricultural Experiment Station
発行元滋賀県農業総合センター農業試験場
巻号,ページ45号, p.51-57(2005-03)ISSN13470035
全文表示PDFファイル (646KB) 
抄録当場で開発したサル・イノシシを対象とした簡易獸害防止策『おうみ猿落・猪ドメ君「サーカステント2型」』の構造等の改良を行い、その侵入防止効果について検証した。1)改良したサーカステント2型は、サル用ネットではラッセル編み方式で耐紫外線加工を施し色糸を編み込み、イノシシ用ネットでは引っ張り強度の高いダイニーマ(R)を織り込み2色に塗り分けたものを使用したことにより、従来のネットに比べ、強度、耐久性および作業性が向上した。2)改良したサーカステント2型は、外柱用の弾性ポールを従来の丸形より強度の高い平型に替えたことにより、サルによる損傷が認められなかった。3)改良したサーカステント2型は、野生および飼育下のニホンザルに対して高い侵入防止効果が認められた。
索引語改良;防止;侵入;効果;強度;イノシシ;色;構造;紫外線;加工
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat