栽培面からみた省力・快適化への研究戦略

栽培面からみた省力・快適化への研究戦略

レコードナンバー711676論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014004NACSIS書誌IDAA11919506
著者名金井 幸男
書誌名野菜茶業研究集報 = Proceedings of vegetable and tea science
別誌名Proc. Vege. Tea Sci.
野菜茶研集報
発行元農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ2号, p.23-28(2005-03)ISSN13490702
全文表示PDFファイル (470KB) 
抄録施設栽培トマトについて,現地に導入されている省力的な栽培技術を整理するとともに,慣行のトマト栽培における省力・快適化技術として,セル成型苗の直接定植栽培と誘引整枝方法の試験結果を紹介した.また,省力化に対応し開発された短節間性トマトの栽培特性を紹介した.これらの栽培方法,品種を利用することにより,育苗・定植作業から誘引整枝作業の省力・快適化を図った栽培が可能である.
索引語栽培;省力;トマト;技術;枝;作業;研究;戦略;施設栽培;現地
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat