育種面からみた省力・快適化への研究戦略

育種面からみた省力・快適化への研究戦略

レコードナンバー711677論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014004NACSIS書誌IDAA11919506
著者名齊藤 猛雄
吉田 建実
森下 昌三
書誌名野菜茶業研究集報 = Proceedings of vegetable and tea science
別誌名Proc. Vege. Tea Sci.
野菜茶研集報
発行元農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ2号, p.29-35(2005-03)ISSN13490702
全文表示PDFファイル (557KB) 
抄録野菜の輸入急増や生産現場における担い手不足等,野菜産地の抱える問題に対応するために省力・軽作業化やコスト低減が求められている.そのための育種的取り組みを果菜類について紹介した.短節間性カボチャ,短側枝性の‘メロン中間母本農4号’を利用した系統や短節間性の生食用ミニトマトが近年中に育成される見込みである.短節間性の生食用大玉トマトである‘トマト安濃10号’や単為結果性固定系統間のF1である‘ナス安濃交4号・5号・6号’が育成され,特性検定試験および系統適応性検定試験が実施されている.このように省力形質を付与された品種や中間母本が公開される日は近い.
索引語性;省力;節間;系統;トマト;育種;野菜;母本;研究;戦略
引用文献数45
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat