ハゼノキ優良候補木の果実収量と含蝋率の年次変動

ハゼノキ優良候補木の果実収量と含蝋率の年次変動

レコードナンバー711829論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012133NACSIS書誌IDAN10413139
著者名平岡 裕一郎
大平 峰子
山野 邉太郎
倉本 哲嗣
岡村 政則
藤澤 義武
書誌名林木育種センター研究報告
別誌名研究報告
Bulletin of the Forest Tree Breeding Institute
発行元林野庁林木育種センター
巻号,ページ21号, p.75-83(2005-03)ISSN09185828
全文表示PDFファイル (688KB) 
抄録地域特性品種育成事業において選抜されたハゼノキ(Rhus succedanea L.)50クローンの,果実収量及び含蝋率の年次変動と,クローンの順位の変動について調べた。1998年から2003年までの6年間において,調査対象の3試験地における果実収量には年による変動がみられ,試験地間に同調する傾向が認められた。そのうち2000年,2001年及び2003年が豊作,2002年が不作と判断された。豊凶と前年度の8月及び11月の降水量との間に相関関係が認められた。含蝋率にも年次変動がみられたが,果実収量の変動との明瞭な関係は認められなかった。また含蝋率は果実収量に比べ,年次変動の幅が小さい傾向にあった。果実収量,含蝋率ともに,年次間のクローンの順位相関はほぼすべて正の値をとったが,その大きさと有意性は年により変化した。このことから,果実収量,含蝋率ともにクローンの順位は少なからず変動し,変動の大きさが年により異なると考えられた。以上の結果とこれまでの調査結果を合わせて,ハゼノキ優良木選定のための評価方法を検討した。
索引語果実;収量;変動;年次変動;クローン;年;大きさ;地域;特性;品種
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat