鴨川に生息するコイの生殖腺とビテロジェニンについて

鴨川に生息するコイの生殖腺とビテロジェニンについて

レコードナンバー711940論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名梅沢 一弘
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ3号, p.111-116(2003-10)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (579KB) 
抄録上尾市からさいたま市に流れる一級河川の鴨川に生息する雄コイの血漿ビテロジェニン濃度、生殖腺の状態を調査した。雄コイのビテロジェニンは33尾調査した個体のうち16尾から検出され、血漿濃度1μg/ml以上の個体が8尾確認された。生殖腺の状態は、腫瘤のある個体が2尾、ひも状の個体が4尾、卵精巣を持つ個体が1尾観察され、女性ホルモン様作用を持つ物質に暴露されている可能性の高いことが示唆された。
索引語個体;コイ;生殖;雄;血漿;濃度;河川;卵;精巣;女性
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat