左室心内膜のび漫性ないし限局性肥厚を特徴とする猫の心疾患に関する病理学的検索

左室心内膜のび漫性ないし限局性肥厚を特徴とする猫の心疾患に関する病理学的検索

レコードナンバー712231論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011639NACSIS書誌IDAN10192925
著者名倉石 瞳
町田 登
書誌名動物の循環器 = Advances in animal cardiology
発行元獣医循環器研究会
巻号,ページ37巻・ 2号, p.57-67(2004)ISSN09106537
全文表示PDFファイル (1322KB) 
抄録拘束型心筋症の病態を呈して死亡した猫13例の心臓を病理学的に検索したところ、左室心内膜に線維増生病変が認められた。本病変はその肉眼的形態から、左室心内膜が全域にわたってび慢性に肥厚する心内膜び慢性肥厚型(7例)、左室乳頭筋上部に限局性弁状隆起が見られる心内膜限局性隆起型(4例)、仮腱索が網目状-蜘蛛の巣状に張りめぐらされた異常仮腱索形成型(2例)の3タイプに分類された。心内膜び慢性肥厚型7例のうち3例と心内膜限局性隆起型4例のうち1例では、同時に比較的細い仮腱索の形成も認められ、心内膜び慢性肥厚型のうち左室流出路付近に病変が主座していた3例では、心内膜限局性隆起型との類似性が認められた。組織学的に心内膜び慢性肥厚型は炎症/肉芽組織層と線維性結合組織層の2層からなる境界不明瞭な層構造をなしており、心内膜限局性隆起型の弁状構造物もおおむね同じ構造を有していた。異常仮腱索形成型ではその起始部は前2者と同じ構造をとっていたことから、これら3タイプの心内膜病変は共通した組織所見を有していることが明らかになり、同一の病理発生メカニズムに起因するものと考えられた。以上より、猫の左室心内膜肥厚は肉眼的に様々な形態をとり、それぞれ臨床的には異なる疾患としてとらえられているものの、これらの病変は拘束型心筋症という1つの範疇に分類されるべき疾患群であると見なされた。
索引語心;性;病変;腱;形成;構造;検索;形態;異常;組織
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat