ビール大麦「スカイゴールデン」の高品質安定栽培法

ビール大麦「スカイゴールデン」の高品質安定栽培法

レコードナンバー712532論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010304NACSIS書誌IDAN00173902
著者名山口 恵美子
粂川 晃伸
谷口 義則
ほか4名
書誌名栃木県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Tochigi Agricultural Experiment Station
発行元栃木県農業試験場
巻号,ページ53号, p.35-41(2005-02)ISSN03889270
全文表示PDFファイル (593KB) 
外部リンク
抄録ビール大麦「スカイゴールデン」の生育特性を明らかにし、品種本来の特性を発揮しうる播種量、施肥量および条間について検討した。3ヵ年にわたり異なる水準の窒素施肥量および播種量を設けて試験した結果、スカイゴールデンはミカモゴールデンに比べ整粒重は同程度であったが、整粒歩合は高かった。また、子実粗蛋白質含量については、スカイゴールデンはあまぎ二条に比べ明らかに高く、ミカモゴールデンと同水準であり、施肥に対する挙動も同様であった。スカイゴールデンの子実粗蛋白質含量に対する影響は、窒素施肥量・播種量ともに大きく、少肥(6.5kg/10a)・多播(238粒/m2)ほど低くなる傾向が見られた。しかし、少肥では穂数の減少が著しく、整粒重が低下した。また、多播では一穂粒数、千粒重および整粒歩合が低下し、スカイゴールデンの特長が発揮できなかった。以上から、スカイゴールデンの子実粗蛋白質含量を低く抑え、整粒歩合を高く保ち収量を確保するには、施肥量8kg/10a、播種量192粒/m2程度が望ましいと判断された。ただし、試験圃場の地力が低かったため、一般栽培での適正施肥量はミカモゴールデンの栽培方法に準じる5.5-6.5kg/10aとすることが適当である。
索引語施肥量;播種;栽培;子実;蛋白質;特性;水準;窒素;生育;品種
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat