LC/MSおよびGC/MSによる食品中5種類のフェノール系酸化防止剤の定量・確認

LC/MSおよびGC/MSによる食品中5種類のフェノール系酸化防止剤の定量・確認

レコードナンバー712548論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名辻 澄子
中野 真希
寺田 久屋
田村 征男
外海 泰秀
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ46巻・ 3号, p.63-71(2005-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (712KB) 
抄録ジブチルヒドロキシトルエン(BH)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)および没食子酸プロビル(PG)、ノルジヒドログアヤレチック酸(NDGA)およびターシャリーブチルヒドロキノン(BHQ)の5種類のフェノール系酸化防止剤について、LC/MSおよびGC/MSによる定量・確認法を肉まんを用いて開発した。乾燥ガス付LC/MS(ESI)により、Shim-pack FC-ODSカラムを用いて5種類のフェノール系酸化防止剤の疑分子イオン[M-H](-)が観察された。GC/MS(EI)では5種のうちBHA、BH、BHQの3種についてフラグメントイオンが観察された。分析操作中に分解しやすいBHQ、NDGA、PGは抽出混合溶媒にアスコルビン酸を加えることにより分解を防止でき、チューインガム以外の油脂はMega-Bond Elu(R)C18カートリッジで精製することにより、LC/MSおよびGC/MSで良好に分析でき、オリーブ油、パスタソース、ピーナッツバターに適用できた。
索引語防止;フェノール;酸化;BH;酸;種;分析;分解;食品;乾燥
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat